昨年の8月、日本セキュリティ振興協会は、

東京都府中市と防犯カメラ設置における協定を締結致しました。

 

この協定締結は、日本セキュリティ振興協会にとりまして大きな一歩となりました。

 

そして、今になってのご報告になってしまいますが、

こちらが防犯カメラと合わせて設置した自動販売機です!今日はその中の1台をご紹介します。

 

 

サイドはこのようになっています。

 

 

完全なるオリジナルデザインです。

実は、自動販売機はオリジナルデザインでの設置が可能です(もちろんオリジナルデザインだからと言って費用を頂いたりはしておりません)。

 

このグリーンを基調としたカラーとデザインは、

府中市のロゴと合わせたこと、

そしてこのカラーが意味する「緑豊かな住みよい町・府中市」をイメージしたデザインになっています。

 

また、自動販売機正面部分も…

このようにオリジナルデザインを加えたメッセージを入れる事もできます。

 

こちらはには私達日本セキュリティ振興協会が進める

「みんなで防犯プロジェクト」のロゴ等を入れさせていただきました。

 

 

防犯カメラは自動販売機とは別の場所に設置できるので、こちらには写っておりません。防犯カメラも自動販売機も必要な場所に設置できるのは大きなポイントです。

 

日本セキュリティ振興協会は、「みんなで防犯プロジェクト」の一環として、防犯カメラの無償設置を推進しています。

 

お問合せはこちらから→Click!

 

 

 

 

 

世界を変えるための17の目標

世界を変えるための17の目標

「SDGs(エス・ディー・ジー・ズ)」。ご存知でしょうか。

当協会のブログでも何度か触れているのですが、このロゴ上にもあるように、

「Sustainable Development Goals(サスティナブル・デべロップメント・ゴールズ)」の頭文字の略称です。

直訳は「持続可能な開発目標」ですが、もう少し掘り下げると

「国連サミットで決定された、2030年までに世界が達成すべき17個の目標」です。

 

この根底にあるものは、

「持続可能で、誰一人として取り残す事のない、多様性や包括性のある社会を実現する」という強い理念です。

この「17個の目標」に関しての具体的な内容は、ぜひこちらをご参考に…→SDGs

また、1つの目標毎にそれぞれ10個前後の具体的なターゲットも記載されています。

 

 

当協会は、昨年の秋に開催された「SDGsビジネス大賞」でありがたくも大賞を頂いたのですが(その時のブログはこちらです)、

その時にもプレゼンテーションで大きく打ち出した、当協会の目指すSDGsのゴールは以下の4つです。

住み続けられるまちづくりを質の高い教育をみんなにつくる責任つかう責任パートナーシップで目標を達成しよう

目標11.住み続けられるまちづくりを

目標4. 質の高い教育をみんなに

目標12.つくる責任つかう責任

目標17.持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する

 

私達日本セキュリティ振興協会は

「子どもの未来を守る、安心安全なまちづくりを目指す」ために

「みんなで防犯プロジェクト」の一環として「防犯カメラの無償提供」を進めています。

このプロジェクトの仕組みを創った日本セキュリティ振興協会、そしてこの仕組みを使う事で組織や自治体は、

「子どもや地域の安全を守る」という責任を果たし続ける事になります。

また、子ども達の防犯教育啓蒙活動も協力団体を中心に行っています。

このような活動は全て、あらゆる団体や企業とパートナーシップを結ばなければできません。

もっと詳しく書こうと思えばいくらでも書けますが、

今日は別の事を書きたいので、また機会があれば。

 

 

このように、SDGsの観点から私達協会が出来ること、目指せることを設定して日々活動しているのですが、

現在世界中で蔓延しているコロナウイルスにより引き起こされている様々な問題も、

SDGsの観点で考えてみると自分たちの活動で出来る事が見えてきたり分かってきたりするのではないかと思います。

 

日本でいえば、

休校になった影響で給食用食材の行く場がなくなった→こども食堂やフードパントリーへ

学校の給食がないと経済的に食費の捻出が難しい→こども食堂での食事提供

営業自粛で外食企業や畜産農家や個人店が廃業危機→「コロナ救済」としてそのような方々と消費者を結び、ネット販売

 

等、これらだけでも既に

「目標1.飢餓をなくそう「目標2.貧困をゼロに」

「目標8.働きがいも経済成長も」「目標12.つくる責任つかう責任」等々、沢山のゴールにマッチする活動になります。

(実際に目標毎に記載されたターゲットに照準を当てると世界規模の内容になるので、ここでは目標だけで想定可能なものだけにしています)

SDGsのゴールを設定した当時は、まだコロナウイルスの「コ」の字も全く聞かない時世でした。

今、世界はコロナ前と後で大きく変わるであろうと言われています。

 

悪い方へ変わってしまうのか、と悲観的に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

決して悪い事だけではないと思います。

 

このような世界規模の危機により、過去大きく好転した変化も多々ありますし、

何よりSDGsは「2030年までに世界を変える」、良い変化を遂げるためのものです。

 

なかなか今はそう思えない方も多いかと思いますが、

コロナ後の世界が更に良い変化を遂げられるよう、前向きに考えていきましょう。

ご自身のお仕事や日々の生活をSDGsの観念から考えてみると、出来る事が沢山あります。

現在、世界中で猛威を振るっているコロナウイルス。

 

その影響は非常に甚大であり、医療崩壊や経済の停滞が叫ばれていますが、

 

そのような報道の陰で、日本ではコロナに絡んだ犯罪が起こっている事をご存知でしょうか。

 

まず1つ目として、詐欺の電話が増えています。

「コロナの助成金が50万円出る」

「コロナで経済が不安定になるので金の相場が上がるから今買った方がいい」

などとうたい、個人情報を聞き出そうとする手口が増えているようで、

厚生労働省も注意を呼び掛けています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00004.html

 

2つ目として、コロナで外出自粛であるが為に、子ども達が巻き込まれる犯罪が増えています。

先日のNHKニュースや新聞でこのような事例が掲載されています。

 

「コロナウイルスの検査をしている」と言われ、公園で小学生の女の子が身体を触られた

「コロナウイルスに効くヨーグルト味の飴をあげるからおいで」と公園で声を掛けられた

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200409/k10012377211000.html

 

「子どもが一人で留守番中インターホンが鳴り、居留守を使ったところ1階の窓ガラス割れる音が。

怖くなり2階へ避難したところ、1階でバッグや財布などが盗まれた」

など、窃盗の被害も少なくありません。

 

https://www.sankei.com/west/news/200415/wst2004150018-n2.html

子どもだけで留守番をさせる際は、

インターホンが鳴っても出ないよう伝えているご家庭も多いと思います。

 

ですが、それだけでは上記のように「家には誰もいません」と犯罪者に知らせているようなものでもあり、

リスクも伴います。

これは、緊急事態宣言に伴う飲食店の休業時にも言えることで、

実際に入口に休業を知らせる張り紙をしている店舗が空き巣被害に遭う事件が頻発しています。

 

https://business-career.jp/articles/UaB7mUW4qlhJ9ZuOh9kA

 

休業中の店舗は張り紙を外したり、

金銭などを店舗で保管しないなどの対策をとる事が可能になると思いますが、

自宅で留守番をしている子ども達を犯罪から守るにはどうすればよいでしょうか。

 

各警察署では以下のような注意喚起をしています。

1階も2階も必ず戸締りをしておく。

その上でテレビや電気などをつけておき、誰かが家にいる事を犯罪者に分かるようにしておく。

また、水道点検などと偽って無理やり室内に入ろうとする可能性もあるため、

知らない人が来たら決してドアを開けない。

電話は留守番電話設定をしておく。

自宅にないとしても「防犯カメラ作動中」というステッカーを外の分かりやすい場所に貼っておく。

 

など、様々な対策が記載されていました。

 

そして何より、日ごろから親子で

 

「このような場合はこうしよう!」

 

と、防犯に関して話し合っておくことがとても重要です。

 

急に「この場合はこうして!」と言われても、

子どもは急にそのようにふるまう事は出来ない可能性が高いです。

 

常に、このようなシチュエーションではどうするか、

日々親子で話し合う事で少しずつ、しかし確実に子どもは理解していきます。

子どもだけの留守番でも、親と子どもお互いが安心できるよう日々コミュニケーションを取りましょう。

 

日本セキュリティ振興協会は「みんなで防犯プロジェクト」の一環として防犯カメラを無償提供する取り組みを行っています。

 

コロナ禍で休業する店舗が多い中、

休校や外出自粛で人通りが少なくなった中、

このような空き巣被害も残念ながら増えていくかもしれません。

 

防犯カメラは設置する事で犯罪を抑止する効果が証明されています。

当協会では、防犯カメラと共に自動販売機も併せて設置する事で、防犯カメラ運営の維持費を自販売機の売上から補填します。

 

ですので、カメラの維持費に頭を悩まされる事ありません。

 

また、カメラや自販機の設置に関する調査やお手続きなどは、当協会が致しますので、

煩わしい作業もございません。

 

少しでも気になる方はお気軽にお問合せください。→Click!

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルだけ見ますと、

「アパートのオーナー?自治体ではないの?」と思われるかもしれませんが、

このように自治体以外のお客様でも防犯カメラの設置は可能です。

こちらのオーナー様は防犯カメラ1台と自動販売機1台を設置されました。

アパートに住まわれる方々はもちろん、

その近辺の安心安全も守られることになります。

 

防犯カメラを設置する事で犯罪数が減り、

大きな抑止効果がある事は過去のブログでも触れていますが(過去のブログはこちら

私達日本セキュリティ振興協会も、

このような形で地域に貢献できる事は非常に嬉しく、感謝しております。

 

私達日本セキュリティ振興協会は、

防犯カメラを無償設置して子ども達の未来と地域の安心安全を守る、

「みんなで防犯プロジェクト」に取り組んでいます。

お問合せはこちらから→Click!

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

先週の金曜日、埼玉県本庄市に防犯カメラが設置されました!

本庄駅前と児玉駅前にそれぞれ1台ずつです。

 

こちらが本庄駅前のもの。

 

こちらが児玉駅前のものです。

日本セキュリティ振興協会と本庄市は、以前より防犯カメラ設置に向けて協議を進めており、

晴れて今年度よりのスタートとなりました。

 

本庄市は、

「市民総ぐるみ」での「登下校時の子どもを見守る目」の必要性をかねてより提唱し、

子ども達が登下校する時間帯に出来る範囲で子ども達に目を配ってもらえるよう、市民の方々へ協力を求めています。

 

 

その他、「防犯タスキリレーパトロール」や、市内各所で防犯ボランティア団体の結成等、

安心・安全なまちづくりを推進しています。

 

これら「人の力」に加え、

日本セキュリティ振興協会がすすめる「みんなで防犯プロジェクト」で防犯カメラが加わりました。

 

防犯カメラの設置で更に意識が高まり、

犯罪抑止力の一助としてお役に立てます事を心より願っております。

 

「みんなで防犯プロジェクト」は、

防犯カメラをの無償設置をすすめる、日本セキュリティ振興協会の取り組みです。

 

お問合せはこちらから→Click!

 

 

 

 

 

 

昨日、当協会が連携している「防災・防犯自販機協会」と新座市の間で調印式が行われました。

 

左奥より、防災・防犯自販機協会五味副理事長、並木市長、左手前が松田

 

新座市は既に防犯カメラを設置しております。

しかしながら、今後更なる設置を進めたいとの事で、今回の調印式に至りました。

 

並木市長は、

防犯カメラを河川の定点カメラとして有効活用する事も視野に入れておられます。

 

当協会も以前より、定点カメラとしての可能性を探っておりました。

まだ具体的な話にはなっていませんが、

その前例となれば私共もとても嬉しく、

新座市に住まわれる方々にとりましても安心が守られる素晴らしい事だと思います。

 

当協会が進める「みんなで防犯プロジェクト」は、

子ども達の未来を守るため、安心安全なまちづくりのため、

防犯カメラを無償設置する取り組みです。

 

様々な団体と連携して、無償設置を可能にしております。

少しでも気になられた方は、お気軽にお問合せ下さい。

 

お問合せはこちら→Click!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(左より、防災防犯自販機協会の五味副理事長・勝部一関市長・松田)

 

前回のブログでは簡単な告知まででしたが、

無事に調印式を終えました。

代表理事の松田がfacebookに投稿した記事を下記に転載します。

***************************************

『みんなで防犯プロジェクト』
3月19日、岩手県一関市との調印式を無事に行うことができました。

 調印式の様子

(一社)日本セキュリティ振興協会は、子どもたちの安心安全、地域の安心安全を守る一助になるべく、行政・市民・企業とパートナーシップを結び活動していきます。

『安心安全な街=住み続けられるまちづくり』
みんなで防犯プロジェクトの普及は、地域創生、SDGsの普及の一環にもなります。

今回の一関市の協定で東北エリアもスタートすることができました。
日本全国へさらなる普及を目指します!

#SDGs
#住み続けられるまちづくりを
#質の高い教育をみんなに

****************************************

新聞にも掲載されました。

日本セキュリティ振興協会は、「みんなで防犯プロジェクト」の一環として、

防犯カメラの無償設置に取り組んでいます。

一関市は東北地方で初めての、当協会との協定となります。

松田も記事内で言及しておりますが、

この一関市を皮切りに、「みんなで防犯プロジェクト」が

東北の安全の要として大きく関わっていけるよう、

これからも邁進していきます!

 

お問合せはこちらから→Click!

 

(事務局・川合)

 

とり急ぎのご報告になりますが、

本日、日本セキュリティ振興協会は、

一関市と防犯カメラ設置に関する協定を締結いたします。

それに伴い、一関市でこれから調印式が行われます!

 

詳細はまたのちほどご報告させて頂きます。

 

厳美渓

 

 

こんにちは。

 

日本セキュリティ振興協会、本日は南足柄市の活動報告です。

南足柄市といえば天狗伝説や金太郎伝説が有名です。
こちらは大雄山最乗寺にある下駄ですね。

 

今回の訪問は、

南足柄市のご担当者様より当協会HPよりお問い合わせを頂戴した事がきっかけでした。

 

当協会には偶然ではありますが南足柄市出身のスタッフもいるため、

当日は彼女も同席し、地元話に花が咲くなごやかな打合せとなりました。

 

南足柄市は以前より市内小中学校に防犯カメラを設置されていますが、

平成30年には防犯カメラ設置補助金交付要綱も制定する等、防犯対策に大きな力を注いでいらっしゃいます。

 

また、通学路における交通安全プログラムなども制定されており、

私達日本セキュリティ振興協会の「みんなで防犯プロジェクト」が掲げる、

「安心・安全なまちづくり」という大きなミッションと非常に通じるものがありました。

 

補助金で防犯カメラを設置する事が出来ても、

その後の維持費を捻出するのは簡単な事ではありません。

 

日本セキュリティ振興協会は、防犯カメラと自動販売機を合わせて提供する事で、

防犯カメラの維持費を自動販売機の売上から補填致します。

 

自治体の皆様の負担になることなく、

まちの安心・安全に寄与する事ができます。

 

もちろん、設置に関する様々な手続き等は当協会が対応致しますので

面倒なお手間もございません。

 

 

防犯カメラの設置にご興味がありましたぜひ、お気軽にお問合せください。

 

お問合せはこちらから→Click!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

「みんなで防犯プロジェクト」の一環である、

防犯カメラの無償設置に関するお問い合わせをいただき、

この度小金井市と南足柄市へ行ってまいりました。

 

まずは小金井市でのお打合せに関する報告です。

 

当日は環境政策課の方とお打合せを致しました。

 

小金井市では通学路における児童の安全を図るため、平成27~30年度までに

私立小学校9校の通学路に43台の防犯カメラを設置しています。

 

これにかかる費用は「東京都通学路防犯設備整備補助金」を活用されてらっしゃいます。

 

今後もさらなる防犯を目指し、カメラの台数を増やしたいとの事。

ですが、そのためには補助金だけでは足りないのも事実です。

 

カメラは設置の際に補助金が出ても、その後のメンテナンスなどの維持費がかかります。

 

当協会は防犯カメラと自動販売機をセットにして設置、

設置費用・その後の維持費も全て自動販売機の売上で賄うため、

費用が一切かかりません。

 

また、設置に関する場所の査定や調査などのお手伝いも引き受けますので

大きなお手間をかける事もございません。

 

小金井市にお住まいの方々が、更に安心で安全なくらしができますよう、

日本セキュリティ振興協会はお手伝いさせて頂きます。

 

お問い合わせはこちらからClick!

 

(事務局・川合)