• 地方創生SDGs
    官民連携プラットフォームへの
    参画決定いたしました

  • どもたちを犯罪からるために
    犯罪のないみよいまちづくりのために

  • たちは防犯カメラ
    無償提供します

  • どもたちが安心して
    毎日笑顔らせるように

  • 防犯カメラ地域住民見守りによる
    「住みよいまちづくり」
    サポートします

私たち協会は、防犯カメラの無償設置を推進し犯罪のない住みよいまちづくりを目指します。

地方創生SDGs官民連携プラットフォーム協会の取り組みについて

トピックス

,

【活動報告】防犯カメラ設置・和歌山県海南市

和歌山県海南市にて、防犯カメラと自動販売機の設置が完了いたしました。 海南市は教育委員会が主体となり、この度の設置に至ります。   防犯カメラは市のスポーツ…
,

【ご報告】地方創生SDGs官民連携プラットフォームへの参画決定!

久しぶりのブログ更新となりますが、本日は大きなご報告があります。 この度私ども日本セキュリティ振興協会は、内閣府など13省庁や地方自治体、企業などで構成される、 「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」への参画が正式に決定致しました!   地方創生SDGs官民連携プラットフォームとは?という方も多いと思うので、以下抜粋します。 「地方自治体におけるSDGsの達成に向けた取組と、それに資する「環境未来都市」構想のさらなる推進を通じた、より一層の地方創生に向けて、地方自治体及び地域経済に新たな付加価値を生み出す企業、専門性をもったNGO・NPO、大学・研究機関等の広範なステークホルダーとのパートナーシップの深化、官民連携の推進を図るため、「環境未来都市」構想推進協議会を発展的に改組」 (地方創生SDGs官民連携プラットフォームHPよりhttp://future-city.jp/platform/)   簡単に説明しますと、 「各自治体が掲げるSDGs目標達成や更なる地方創生のために、国や企業、関連団体みんなで協力・連携していくためのプラットフォーム」 といったところです。 上記HP(地方創生SDGs官民連携プラットフォームHPよりhttp://future-city.jp/platform/)に図解がありますのでご参考までに貼っておきます。 この地方創生SDGs官民連携プラットフォーム、会員の内訳は下記の通りとなります。(2020年5月31日現在) 地方自治体:560団体 関係省庁:13団体 民間企業:872団体(社団・NPOなど含む)   内閣府との連携、各自治体との連携という責任の大きさに、身が引き締まる思いです。   私ども日本セキュリティ振興協会が推進してきた「みんなで防犯プロジェクト」や、SDGsビジネス大賞の受賞歴などを評価いただけたのだと思います。   国主導で発足したプラットフォームに参画することで、私ども日本セキュリティ振興協会へ信頼を寄せてくださる自治体さまと出会える機会が増えることを期待しつつ、 沢山の企業様や関連団体様と今後どのように連携できるか、 どれだけの自治体様へ防犯カメラを提供し、安心安全なまちづくりのお手伝いができるのか、今からとても楽しみですし、新しい出会いにワクワクしています。                                          

【学校再開、子どもの被害相次ぐ】防犯スポーツ教室Ⓡ

緊急事態宣言が解除され、地域差はありますが学校も始まりました。   学校再開に伴い、下校中の子どもや公園にいる子ども達の被害が相次いでいます。 東京都で…

防犯カメラを無償提供します

防犯カメラの設置は、犯罪抑止だけではなく、

警備会社や警察機関と連携することで、

犯罪者の特定や検挙につながり、連続犯罪防止の効果も期待できます。

また、「防犯啓蒙パネル」を取り付けた自動販売機を

防犯カメラ設置場所付近に配備し、

人々が防犯に関心を持つよう働きかけます。

防犯カメラと地域住民による見守りで

「安心して暮らせるまちづくり」が実現できるよう、サポートしてまいります。

企画・振興活動をしております。

個人の願いが地域の安全に役立つ
防犯カメラ設置4つのメリット

防犯カメラ設置の目的は、どのようなものでも構いません。

「子供たちの通学路に防犯カメラを設置したい」

「夜になると駅前の治安が悪くなるので、犯罪抑止のために防犯カメラを設置したい」
「帰宅時に公園の前を通るのが怖いので、防犯カメラを設置したい」

「マンションのセキュリティ強化のために防犯カメラを設置したい」

「店の万引き抑止のために防犯カメラを設置したい」

設置の目的に関係なく、防犯カメラの映像は、安心して暮らせるまちづくりに大いに役立ちます。

犯罪抑止効果

「防犯カメラ」と「防犯啓蒙パネルを取り付けた自動販売機」の両方を設置。犯罪抑止や連続犯罪防止を強化し、街の安心・安全を守ります。

警備会社および警察との連携

ALSOKが導入〜運用までを一元管理。防犯カメラの映像を警察に提供することで、捜査の迅速化、犯罪検挙率の向上に役立てます。

すべての設備を無償提供

飲料メーカーの協賛と自動販売機の収益を財源とするため、導入費・運用費のすべてを無償で提供いたします。費用は一切かかりません。

住民の防犯意識向上

「防犯啓蒙パネル」を取り付けた自動販売機を街の至る場所で目にすることで、犯罪抑止力を高めるだけでなく、地域住民の防犯意識を高めます。

主な設置場所

通学路、公共施設、マンション、アパート、駐車場など、
防犯カメラを必要とする自治体・法人・個人のみなさまに対し、
無償で設備提供および設置工事を行います。

全国(全都道府県)対応可能です。

住宅街など

【設置場所】 小中学校の通学路、不審者目撃場所、地域住民の要請があった場所

【効果】 不審者情報の共有、登下校途中の連れ去り事件抑止、地域の治安向上

公園

【設置場所】 公園の入り口およびトイレ前

【効果】 痴漢被害や増加傾向にある子どものトイレ連れ去り、不審者情報の共有

商店街

【設置場所】 商店街の通り沿い、盗難やシャッターのいたずら書き被害のあった店舗付近

【効果】 万引きや盗難、いたずら書きや器物破損の犯罪抑止、不審者情報の共有

マンション

【設置場所】 エントランス前、駐輪・駐車場

【効果】 不審者侵入や車上荒らしの防止、マンションのセキュリティ強化アピール

駐車場(商業施設駐車場含む)

【設置場所】 駐車場全体を見渡せる場所

【効果】 無断駐車対策、車上荒らし対策、接触事故や利用者間トラブル発生時の証拠画像、死角を狙った子どもの連れ去り抑止

個人宅

【設置場所】 通り沿いの死角や車庫前

【効果】 空き巣防止、近隣一帯の治安向上

「みんなで防犯プロジェクト」は、

一般社団法人 防災・防犯自動機販売協会が持つノウハウとしくみのもと、

一般社団法人 日本セキュリティ振興協会が

企画・振興活動をしております。

©一般社団法人日本セキュリティ振興協会