久しぶりのブログ更新となりますが、本日は大きなご報告があります。

この度私ども日本セキュリティ振興協会は、内閣府など13省庁や地方自治体、企業などで構成される、

「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」への参画が正式に決定致しました!

 

地方創生SDGs官民連携プラットフォームとは?という方も多いと思うので、以下抜粋します。

「地方自治体におけるSDGsの達成に向けた取組と、それに資する「環境未来都市」構想のさらなる推進を通じた、より一層の地方創生に向けて、地方自治体及び地域経済に新たな付加価値を生み出す企業、専門性をもったNGO・NPO、大学・研究機関等の広範なステークホルダーとのパートナーシップの深化、官民連携の推進を図るため、「環境未来都市」構想推進協議会を発展的に改組」

(地方創生SDGs官民連携プラットフォームHPよりhttp://future-city.jp/platform/

 

簡単に説明しますと、

「各自治体が掲げるSDGs目標達成や更なる地方創生のために、国や企業、関連団体みんなで協力・連携していくためのプラットフォーム」

といったところです。

上記HP(地方創生SDGs官民連携プラットフォームHPよりhttp://future-city.jp/platform/)に図解がありますのでご参考までに貼っておきます。

この地方創生SDGs官民連携プラットフォーム、会員の内訳は下記の通りとなります。(2020年5月31日現在)

地方自治体:560団体

関係省庁:13団体

民間企業:872団体(社団・NPOなど含む)

 

内閣府との連携、各自治体との連携という責任の大きさに、身が引き締まる思いです。

 

私ども日本セキュリティ振興協会が推進してきた「みんなで防犯プロジェクト」や、SDGsビジネス大賞の受賞歴などを評価いただけたのだと思います。

 

国主導で発足したプラットフォームに参画することで、私ども日本セキュリティ振興協会へ信頼を寄せてくださる自治体さまと出会える機会が増えることを期待しつつ、

沢山の企業様や関連団体様と今後どのように連携できるか、

どれだけの自治体様へ防犯カメラを提供し、安心安全なまちづくりのお手伝いができるのか、今からとても楽しみですし、新しい出会いにワクワクしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の8月、日本セキュリティ振興協会は、

東京都府中市と防犯カメラ設置における協定を締結致しました。

 

この協定締結は、日本セキュリティ振興協会にとりまして大きな一歩となりました。

 

そして、今になってのご報告になってしまいますが、

こちらが防犯カメラと合わせて設置した自動販売機です!今日はその中の1台をご紹介します。

 

 

サイドはこのようになっています。

 

 

完全なるオリジナルデザインです。

実は、自動販売機はオリジナルデザインでの設置が可能です(もちろんオリジナルデザインだからと言って費用を頂いたりはしておりません)。

 

このグリーンを基調としたカラーとデザインは、

府中市のロゴと合わせたこと、

そしてこのカラーが意味する「緑豊かな住みよい町・府中市」をイメージしたデザインになっています。

 

また、自動販売機正面部分も…

このようにオリジナルデザインを加えたメッセージを入れる事もできます。

 

こちらはには私達日本セキュリティ振興協会が進める

「みんなで防犯プロジェクト」のロゴ等を入れさせていただきました。

 

 

防犯カメラは自動販売機とは別の場所に設置できるので、こちらには写っておりません。防犯カメラも自動販売機も必要な場所に設置できるのは大きなポイントです。

 

日本セキュリティ振興協会は、「みんなで防犯プロジェクト」の一環として、防犯カメラの無償設置を推進しています。

 

お問合せはこちらから→Click!

 

 

 

 

 

タイトルだけ見ますと、

「アパートのオーナー?自治体ではないの?」と思われるかもしれませんが、

このように自治体以外のお客様でも防犯カメラの設置は可能です。

こちらのオーナー様は防犯カメラ1台と自動販売機1台を設置されました。

アパートに住まわれる方々はもちろん、

その近辺の安心安全も守られることになります。

 

防犯カメラを設置する事で犯罪数が減り、

大きな抑止効果がある事は過去のブログでも触れていますが(過去のブログはこちら

私達日本セキュリティ振興協会も、

このような形で地域に貢献できる事は非常に嬉しく、感謝しております。

 

私達日本セキュリティ振興協会は、

防犯カメラを無償設置して子ども達の未来と地域の安心安全を守る、

「みんなで防犯プロジェクト」に取り組んでいます。

お問合せはこちらから→Click!

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

先週の金曜日、埼玉県本庄市に防犯カメラが設置されました!

本庄駅前と児玉駅前にそれぞれ1台ずつです。

 

こちらが本庄駅前のもの。

 

こちらが児玉駅前のものです。

日本セキュリティ振興協会と本庄市は、以前より防犯カメラ設置に向けて協議を進めており、

晴れて今年度よりのスタートとなりました。

 

本庄市は、

「市民総ぐるみ」での「登下校時の子どもを見守る目」の必要性をかねてより提唱し、

子ども達が登下校する時間帯に出来る範囲で子ども達に目を配ってもらえるよう、市民の方々へ協力を求めています。

 

 

その他、「防犯タスキリレーパトロール」や、市内各所で防犯ボランティア団体の結成等、

安心・安全なまちづくりを推進しています。

 

これら「人の力」に加え、

日本セキュリティ振興協会がすすめる「みんなで防犯プロジェクト」で防犯カメラが加わりました。

 

防犯カメラの設置で更に意識が高まり、

犯罪抑止力の一助としてお役に立てます事を心より願っております。

 

「みんなで防犯プロジェクト」は、

防犯カメラをの無償設置をすすめる、日本セキュリティ振興協会の取り組みです。

 

お問合せはこちらから→Click!

 

 

 

 

 

 

昨日、当協会が連携している「防災・防犯自販機協会」と新座市の間で調印式が行われました。

 

左奥より、防災・防犯自販機協会五味副理事長、並木市長、左手前が松田

 

新座市は既に防犯カメラを設置しております。

しかしながら、今後更なる設置を進めたいとの事で、今回の調印式に至りました。

 

並木市長は、

防犯カメラを河川の定点カメラとして有効活用する事も視野に入れておられます。

 

当協会も以前より、定点カメラとしての可能性を探っておりました。

まだ具体的な話にはなっていませんが、

その前例となれば私共もとても嬉しく、

新座市に住まわれる方々にとりましても安心が守られる素晴らしい事だと思います。

 

当協会が進める「みんなで防犯プロジェクト」は、

子ども達の未来を守るため、安心安全なまちづくりのため、

防犯カメラを無償設置する取り組みです。

 

様々な団体と連携して、無償設置を可能にしております。

少しでも気になられた方は、お気軽にお問合せ下さい。

 

お問合せはこちら→Click!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(左より、防災防犯自販機協会の五味副理事長・勝部一関市長・松田)

 

前回のブログでは簡単な告知まででしたが、

無事に調印式を終えました。

代表理事の松田がfacebookに投稿した記事を下記に転載します。

***************************************

『みんなで防犯プロジェクト』
3月19日、岩手県一関市との調印式を無事に行うことができました。

 調印式の様子

(一社)日本セキュリティ振興協会は、子どもたちの安心安全、地域の安心安全を守る一助になるべく、行政・市民・企業とパートナーシップを結び活動していきます。

『安心安全な街=住み続けられるまちづくり』
みんなで防犯プロジェクトの普及は、地域創生、SDGsの普及の一環にもなります。

今回の一関市の協定で東北エリアもスタートすることができました。
日本全国へさらなる普及を目指します!

#SDGs
#住み続けられるまちづくりを
#質の高い教育をみんなに

****************************************

新聞にも掲載されました。

日本セキュリティ振興協会は、「みんなで防犯プロジェクト」の一環として、

防犯カメラの無償設置に取り組んでいます。

一関市は東北地方で初めての、当協会との協定となります。

松田も記事内で言及しておりますが、

この一関市を皮切りに、「みんなで防犯プロジェクト」が

東北の安全の要として大きく関わっていけるよう、

これからも邁進していきます!

 

お問合せはこちらから→Click!

 

(事務局・川合)

 

とり急ぎのご報告になりますが、

本日、日本セキュリティ振興協会は、

一関市と防犯カメラ設置に関する協定を締結いたします。

それに伴い、一関市でこれから調印式が行われます!

 

詳細はまたのちほどご報告させて頂きます。

 

厳美渓

 

 

こんにちは。

 

日本セキュリティ振興協会、本日は南足柄市の活動報告です。

南足柄市といえば天狗伝説や金太郎伝説が有名です。
こちらは大雄山最乗寺にある下駄ですね。

 

今回の訪問は、

南足柄市のご担当者様より当協会HPよりお問い合わせを頂戴した事がきっかけでした。

 

当協会には偶然ではありますが南足柄市出身のスタッフもいるため、

当日は彼女も同席し、地元話に花が咲くなごやかな打合せとなりました。

 

南足柄市は以前より市内小中学校に防犯カメラを設置されていますが、

平成30年には防犯カメラ設置補助金交付要綱も制定する等、防犯対策に大きな力を注いでいらっしゃいます。

 

また、通学路における交通安全プログラムなども制定されており、

私達日本セキュリティ振興協会の「みんなで防犯プロジェクト」が掲げる、

「安心・安全なまちづくり」という大きなミッションと非常に通じるものがありました。

 

補助金で防犯カメラを設置する事が出来ても、

その後の維持費を捻出するのは簡単な事ではありません。

 

日本セキュリティ振興協会は、防犯カメラと自動販売機を合わせて提供する事で、

防犯カメラの維持費を自動販売機の売上から補填致します。

 

自治体の皆様の負担になることなく、

まちの安心・安全に寄与する事ができます。

 

もちろん、設置に関する様々な手続き等は当協会が対応致しますので

面倒なお手間もございません。

 

 

防犯カメラの設置にご興味がありましたぜひ、お気軽にお問合せください。

 

お問合せはこちらから→Click!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

「みんなで防犯プロジェクト」の一環である、

防犯カメラの無償設置に関するお問い合わせをいただき、

この度小金井市と南足柄市へ行ってまいりました。

 

まずは小金井市でのお打合せに関する報告です。

 

当日は環境政策課の方とお打合せを致しました。

 

小金井市では通学路における児童の安全を図るため、平成27~30年度までに

私立小学校9校の通学路に43台の防犯カメラを設置しています。

 

これにかかる費用は「東京都通学路防犯設備整備補助金」を活用されてらっしゃいます。

 

今後もさらなる防犯を目指し、カメラの台数を増やしたいとの事。

ですが、そのためには補助金だけでは足りないのも事実です。

 

カメラは設置の際に補助金が出ても、その後のメンテナンスなどの維持費がかかります。

 

当協会は防犯カメラと自動販売機をセットにして設置、

設置費用・その後の維持費も全て自動販売機の売上で賄うため、

費用が一切かかりません。

 

また、設置に関する場所の査定や調査などのお手伝いも引き受けますので

大きなお手間をかける事もございません。

 

小金井市にお住まいの方々が、更に安心で安全なくらしができますよう、

日本セキュリティ振興協会はお手伝いさせて頂きます。

 

お問い合わせはこちらからClick!

 

(事務局・川合)

 

 

 

 

 

前回のブログでご報告しました東北での打ち合わせ、2日目の内容です。

 

1日目の宿泊は秋田市内で。

2日目の朝はそこから一関市へ向かい、勝部一関市長と会談の時間を頂きました。

 

一関市と日本セキュリティ振興協会は、防犯カメラの設置協定において既に合意しております。

4月中旬の設置に向けて、具体的な調整に入りました。

 

また、一関市を訪れた際、平泉町の副町長も来訪しており、会談の機会を得る事ができました。

 

 

その後は宮城県仙台市へ。

仙台市のご担当者へ当協会の仕組みを説明してまいりました。

 

駆け足での報告となりましたが、

実際の会談はとても良い雰囲気の中行われました。

 

特に、既に合意がなされていた一関市に関しましては、

次の段階に向けて更に一歩踏み込んだお話ができました。

 

一関市を皮切りに、当協会の取り組みが東北の地へ少しずつでも浸透していけるよう、

これからも邁進したいと思います。

 

この度の出張でお世話になりました皆々様、本当にありがとうございました。

 

(事務局・川合)