新型コロナウイルスが再び猛威を振るっています。

個人でできる手洗いうがい、マスク着用などの予防にも限界があり、

だからと言って経済活動を再び止めることや子ども達の学校生活を再び見合わせることも、限界があります。

 

ワクチンができるまでとは言え、このように気を揉みながら生活を続けることは思っていた以上に気苦労が多く、ストレスがたまりますよね。

 

日本セキュリティ振興協会では、どうすればこの状況を少しでも改善できるのか、

少しでも安心して過ごせるのか、画策してまいりました。

そして、「みんなで防犯プロジェクト」同様、市民の皆様の感染を防ぎ安全を守るという観点から、当会は自治体様向けに消毒・除菌剤をご紹介する運びとなりました。

「Shut!(シュット!)」という、「安定化二酸化塩素」を使った除菌・消毒剤です。

上記はスプレータイプ。下記のような空間噴霧ようの大容量サイズもあります。

 

一見馴染みのない言葉のように聞こえますが、安定化二酸化塩素は日本でも食品添加物として認可されており、アメリカはじめWHOでも正式に認定されている、安全性の非常に高いものです。

コロナ禍でよく耳にした「次亜塩素酸」は、「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」というほぼ同じような名前のものですが、この2つは全くの別物です。

「次亜塩素酸ナトリウム」は、一般的に販売されている塩素系漂白剤を指します。

「次亜塩素酸水」は正しい使い方をすれば除菌や消臭に大きな効果が期待できます。

ですが、下図の最後「保存期間」に関して「不安定・すぐ水に戻る」とあるように、除菌や消臭効果は長時間はもたないのが現状です(もちろん、正しく使うことで効果が期待できるため、現在多くの施設等で使用されています)。

 

 

Shut!の成分である安定化二酸化塩素は、空気中に長時間滞留できる持続性が特徴です。

そのため、加湿器の中に入れて1時間ほど噴霧することで4~8時間ほど空間の除菌・消臭効果が期待できます。

 

九州エリアでは福岡市内の小学校で既に導入されており、近畿エリアでも神戸市や伊丹市など5市の市役所や病院、学校、導入が決定しています。

ご興味がありましたらぜひ、当会までお問合せください。

(事務局 川合)