SDGs、耳にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
世界を変えるための17の目標
『持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます』(外務省HPより)

定義としては、「誰一人取り残さない持続可能な社会の実現」という事、のようです(まだまだ知識不足で、言葉足らずかもしれませんが…)

ただ、この「17のゴール」を読み進めていくと、
「自分だけが幸せになるのではなく、あなたも、あの場所もあの国も…世界中が幸せになる為の行動!」という、
これからの世界にとって非常に重要な取り組みなのだと感じます。

当協会の、「防犯カメラを無償設置する」という取り組みも、
当協会だけではなく様々な企業や団体、自治体とパートナーシップを結んで活動しており、
「子どもが犠牲になる事件をなくしたい」という思いはみな、共通しています。

私達の取り組みも、SDGsという世界がかかげる大きな目標に貢献できるのではいかと確信しております。

(担当:川合麻季 事務局)