子どもたちには、輝く未来を生きていく権利があります。

ですが、
その未来を閉ざした事件が起きてしまいました。

いつもと同じ場所、

いつもと同じ時間、

いつもと同じ顔合わせ。

そこは本来、平和であるはずなのに。平和であったはずなのに。

私にも小学生の娘がいます。

だからこそ、子どもが巻き込まれる事件や事故は

娘の身に起きた事だったら…

自分の身に起きた事だったら…

夫の身に、家族に起きた事だったら…

結局「たられば」の仮定論になってしまうのが

残酷な事実なのですが、他人事ではありません。

犯人は許されるべきでは当然ない。

断罪して然るべきとも思います。

ただ、

どうしてこのような犯罪者が出来上がってしまったのか。

どのような環境で生き、どのように社会とつながっていたのか、

そういったことを検討するのは必要だと感じます。

今回の事件に限った話ではなく、

被害者を生まないためには、

加害者を生み出さない事が必要です。

そのためにはどうすれば良いのか。

自暴自棄になってしまう前に、

加害者になってしまう前に、

少しでも社会とつながりを持てるような、

他者との関りを持てるような社会を。

「あそこに住んでいる人の顔を全然見たことがない」

「地域の関りが薄い」

そういった希薄な関りで

どんどん思考が自身の思い込みによって支配され、

追い詰められ、

結果、犯罪を助長する場合もあるかもしれません。

地域の安心・安全のために、

そして、子どもたちの輝く未来のために。

私たちは、今一度、

他者との関りについて、

社会とのつながりについて、

考えなくてはいけないのだと思います。

担当 川合 麻季(日本セキュリティ振興協会 事務局)